2010年12月19日

TV番組 2

昔の楽しげなアメリカTVを回顧して邪推する、アメリカは意図的にプロパガンダとして日本にこれらのTVドラマを流したんじゃないかと・・日本人は皆アメリカ的文化生活に憧れ始めたんだから。でも気にしない、おもしろきゃいいのだ!

嘘くさい家庭ドラマ パパは何でも知っているFather Knows Bestやパティーデュークショー The Patty Duke Showも好きだった。

我が家は母子家庭、父親が居なかったので両親が揃ってピクニックに行くシーンを観ると羨ましくて涙が出そうになったがそんな意図は制作者の想定外だったろう。

ちびっこギャングThe Little Rascals を観るとなぜか心がうきうきした。都会の下町に住む悪ガキの家はどう見ても裕福とは言えず自分の姿とダブった。

なーーんだアメリカにも貧乏って物が存在するんだ、そう感じた。
posted by 前田俊夫 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42152668

この記事へのトラックバック